6月
11
2014

福井県のおススメ家庭教師派遣会社です

http://www.deskstyle.info/eria/fukui/あなたのお子さんの学校の成績はいかがですか?お子さんの学校の成績が振るわず、お困りの親御さんも決して少なくはないと思います。北陸の福井にも、そのようなお悩みを抱えている方が多くいらっしゃることと思います。

そこで私がおススメしたいのが、福井の家庭教師にお願いするという方法です。こちらの家庭教師派遣会社「デスクスタイル」には、福井という地域に密着して、18年間平均点以下のお子さんを支え続けたという信頼と実績があるのです。なんと「デスクスタイル」の成績アップ率は、驚異の95.5%にも上るのですよ。5教科の点数が200点程度から400点以上までアップしたという例もあります。

なぜこのような成績アップが可能かというと、「デスクスタイル」の家庭教師は勉強のやり方から丁寧に教えてくれるからです。平均点の取れないお子さんは学校で習っている内容が理解できていないため、わからない原因を作り出している箇所まで戻って、基礎を確実におさえさせてくれます。こういった基礎学力の段階に合わせた指導が、「デスクスタイル」の秘訣です。

福井にお住まいで、お子さんが学校の定期テストなどで平均点以下しか取れないとお悩みの方は、「デスクスタイル」を試してみてはいかがでしょうか?

0
1月
21
2014

東京の料亭なら老舗のつきじ治作へ

東京には、ふるき時代を大切にする料亭があり、その料亭の中には結納や婚礼なども承っているところがあります。つきじ治作は東京の料亭なら、老舗 つきじ治作と言われるほど、伝統の技を受け継ぎ、一人ひとりのお客様に対しておもてなしの心を持ち続けています。

ホームページのデザインは大変落ち着いた雰囲気になっていますが、まさにお店のイメージどおりの雰囲気が漂っています。初めてお店を訪ねる前に、こちらをご覧いただいて、つきじ治作のことを知ることで、お店をより一層堪能できるかもしれません。

用意されているコンテンツですが、「つきじ治作とは」「お料理」「お部屋」「料金」「ご婚礼・ご結納」「お問い合わせ」「アクセス」「銀座治作」となっています。このほかにも治作の取り組みや社会貢献、採用情報などもありますので、気になるコンテンツがありましたら一度ご覧になってみてください。

「つきじ治作とは」というページには治作がどのように始まったのか、江戸の料亭文化なども紹介されています。お部屋の案内では「杉」「五月」「おもと」「さくら」など全部で7種類のお部屋が写真つきで紹介されています。それぞれの写真にカーソルをあてることで拡大することができますし、お部屋の収容人数やスタイル、広さなども説明がなされています。

0
1月
09
2014

痛風なんて粗食と禁酒で何とか乗り切る

叔父が痛風と診断され、アルコールを控えるようにドクターから言われたそうです。
それと、「『美味しいものも控えめにね・・・』と看護師さんが耳元でささやいた」といって大騒ぎ。

叔母から、「帰宅するとすぐに『美味しいものってなんだ?』と言って、うるさくてかなわないから、ちょっと来てくれない?」と電話が入り、すぐ近所なので、ひとっ走り行ってみました。

早速、パソコンを起動しネットで検索。
一丁前に、叔父宅には最新モデルのパソコンがあるのですが、インターネット関係は、教えても、どうも上達なし。

とくに検索するのは苦手のようで、なにかあると、いつもかり出されるわけです。

まず、【痛風 治療】で検索開始。
▲痛風の悩み解決情報局◇http://www.xn--wvwp8qika974i.net/▼を拾ってみました。

痛風の根本の原因は「プリン体」。
アルコールを体内に入れると、体内でプリン体が製造され悪影響・・なので禁酒。

ただ、飲むなら、プリン体含有量の少ないウイスキーや日本酒にして、少量にすることで、上手にお酒と付き合っていくようにする・・・これで、禁酒の問題はクリア。

ただ、しばらくは禁酒!!

食事については、規則正しく、バランスよく。
ただし、肉や魚、カニや魚卵などの美味しい食べ物は治療中には避けること。
海藻類、野菜、バナナ、根菜などの尿酸を下げる食品を取り入れること。

確かに、美味しいもの制限は必要だと言うことが分かり、治療中は諦めることで、渋々、叔父も納得ということで、問題解決となりました。

0
1月
06
2014

料亭と高級居酒屋の違いとは?

料亭と言うと、「敷居が高い」、「誰でも気軽に利用できる所ではない」、と思っている方々が多いと思います。
確かに一昔前まではそうでした。
いわゆる「一見の客はお断り(一見:初めて来た客)」と言う料亭がほとんどだったのです。
常連客かその料亭の縁故者の紹介がなければ、玄関を入ることができないと言った格式を誇っていました。
そのため、料亭を使う人たちは、政治家や大企業の役員、料亭のある地場の旦那衆と言った方々に限られていたのですが、現在の多くの料亭は、誰でも丁寧に迎えてくれるようになりました。

日本文化の観点から見ると、料亭は正統派の日本文化を堪能し、そして満喫できる場所と言えます。
多くの料亭の建築は「数寄屋造り」を取り入れており、通される座敷は純和室、室内を彩る(いろどる)調度品、外に見える日本庭園や、料理が盛り付けられた器類は、名のある陶磁器や漆器と言った、いわば日本文化を凝縮した空間と言えます。

では、料亭としての定義とはどのようなものでしょうか?
料亭と、高級居酒屋などの違いは、おおむね下記となります。
1.料亭のある地域の政財界と深いつながりがある。
2.その地域や都市で、長年に渡り料亭を営んでいる。
3.日本文化に根ざした質の高い「おもてなし」ができる。
4.芸妓を座敷に呼ぶことができる。
5.「全国料理業生活衛生同業組合連合会」や「全国芽生会連合会」に所属している。

いかがですか?
あなたも、日本文化を堪能できる料亭を利用してみませんか。

0